コニシロク タンブラー

写真と言葉と、ときどきエロス。

Twitter/Blog/Archive/RSS

Apr
17th
Thu
permalink
なお、たとえば「こんな悪趣味で狭量なパロディには共感しない」という評論と、「それでも、お前の表現の自由は死守する」ということは、完全に両立する。というより、前者なき表現の自由は危うい。
256 notes
permalink
tohjiro:

Dan Mitsu

tohjiro:

Dan Mitsu

(Source: princesschaos86, via rioysd)

220 notes
permalink 20 notes
permalink
199 notes
permalink
phorbidden:

粕谷奈美

phorbidden:

粕谷奈美

(via hughughug)

146 notes
permalink
実際はですね、やる方が悪い、で済ませちゃいけないんですよ。病気ですからね、依存症は。病気に追い込まれるわけですよ。僕の所に届くメールも、ものすごいしっかりした文章の人が結構多いですよ、本当に。だから知性を備えてても依存症に追い込まれてるわけです。
96 notes
permalink
chomiee-c:

“資生堂書体”デザインの限定風呂敷が発売 - 写真3 | ファッションニュース - ファッションプレス

chomiee-c:

“資生堂書体”デザインの限定風呂敷が発売 - 写真3 | ファッションニュース - ファッションプレス

(via bibidebabideboo)

160 notes
permalink
豚の脂身我慢してまで長生きしたくないよね
327 notes
permalink
lolzpicx:

Psychedelic cat

lolzpicx:

Psychedelic cat

(Source: setbabiesonfire, via over10000notes)

18,857 notes
permalink

(Source: faffstertoo, via yungsang)

92 notes
permalink
戦時中の日本は軍部独裁の暗い時代だった、という「常識」は、おそらく間違いである。より正確にいうなら、「作られた常識」だ。たとえば、「鬼畜米英」「撃ちして止まむ」などの悲壮な標語は、その多くが昭和18年以降に生まれている。つまり、本当に暗かったのは、負けが決まった後、つまり終戦前の2年ほどに過ぎない。また、軍部が独裁色を露わにしたのは、戦局が不利になり責任論が浮上した後のことだ。しかも一般国民は、政府がヒステリックに叫ぶ「電髪禁止令」や「国民服にモンペ」を適当に受け流し、それなりにおしゃれや贅沢を楽しんでいたし、それを非国民と指弾する声も小さかった。そのあらわれが、婦人のパーマであり、女学生のブラウスと下着の肩紐ではないか。 もちろん、たったこれだけの資料から、何かを断言することはできない。だが少なくとも、教科書的「常識」を疑う必要を、これらの写真から読み取るべきだと思う。
289 notes
permalink 2,693 notes
permalink 1,421 notes
permalink 309 notes
permalink
398 notes